FF8攻略=ファイナルファンタジー8攻略 ストーン系アイテム(効果と入手法)

アイテムとして使用することで、同名の魔法と同じ効果を得られる「○○ストーン」の攻略情報です。
FF8(ファイナルファンタジー8)では、魔法をセット(ジャンクション)してステータスを上げるので、そのセットしてある魔法を使用するのに少し抵抗があります。 なので、魔法の補充用として「○○ストーン」を所持しておくと意外に便利です。 また、ゲーム序盤はカード変化から「○○ストーン」入手して、それを精製して強力な魔法に変化させると効果的です。

簡易地域マップ
赤字=BOSSモンスター 橙字=通常モンスター 青字=カード
アルテマストーン

アルテマと同じ効果。

  • アルテマウェポンのカードを「カード変化」で1個。
  • エルノーイルのカード(10枚)を「カード変化」→「エネルギー結晶体」→「道具精製」で2個。
  • 月の涙後のエスタ市街、アルティミシア城に出現するエルノーイル(LV30以上)が落とす「エネルギー結晶体」を「道具精製」で2個。
ワンポイント

アルテマを精製するのに、アルテマストーンを集めるのは非効率です。 エネルギー結晶体からアルテマに精製しましょう。 また、エスタ市街(月の涙後)に出現するエルノーイルは、出現率が非常に低いです。

オーラストーン

オーラと同じ効果

  • ロスフォールの森、ガルバディア軍ミサイル基地に出現するウェンディゴ(LV1~29)から「鉄パイプ」を盗み「道具精製」で1個。
  • ロスフォールの森、ガルバディア軍ミサイル基地に出現するウェンディゴ(LV30以上)から「ちからだすき」を盗み「道具精製」で2個。
  • ビッケ雪原、ホークウィンド平原、地獄に一番近い島に出現するドラゴンイゾルデから「闘気のかけら」を盗み「道具精製」で2個。
  • 「パワーリスト」をエスタの店(顔なじみ)で購入して「道具精製」で10個。
  • 「ヒュプノクラウン」をエスタの店(顔なじみ)で購入して「道具精製」で10個。
ワンポイント

闘気のかけらはオーラストーンに精製するよりも、魔法精製でオーラにした方が効率的です。
ゲーム終盤にオーラのストックを増やしたい場合は、G.F.トンベリの「顔なじみ」を修得する。 そして、エスタで「パワーリスト」を複数購入しておけば、BOSS戦などで減少したオーラの補充が容易になります。(オーラストーン→オーラで補充)

シェルストーン

シェルと同じ効果。

  • 機動兵器8型BISのカードを「カード変化」で10個。
  • 大塩湖に出現するドロマニ(LV30以上)から「ルーンの腕輪」を盗み「道具精製」で10個。
  • 「フォースの腕輪」をエスタの店(顔なじみ)で購入して「道具精製」で30個。
デスストーン

デスと同じ効果。

  • エルヴィオレのカードを「カード変化」で10個。
  • 名もなき王の墓、グランディディエリの森に出現するライフフォビドンから「死者の魂」を盗み「道具精製」で1個。
フレアストーン

フレアと同じ効果。

  • ティアマトのカードを「カード変化」で10個。
  • トラビア渓谷、海洋探査人工島(研究所)、地獄に一番近い島に出現するルブルムドラゴンから「火竜の牙」を盗み「道具精製」で2個。
ワンポイント

ティアマトのカードは、バラムガーデンのCC団メンバーが使用してくる場合があるので、ゲーム序盤でも入手可能です。 なので、フレアストーン→フレアに変化させて、魔法ジャンクションすれば、ゲーム序盤を有利に進められます。

プロテスストーン

フレアと同じ効果。

  • BGH251F2のカードを「カード変化」で10個。
  • アダマンタイマイのカード(3枚)を「カード変化」→「カメのこうら」→「道具精製」で10個。
  • ヘスペリデス平原(海岸)に出現するアダマンタイマイ(LV30以上)から「オリハルコン」を盗み「道具精製」で30個。
ホーリーストーン

ホーリーと同じ効果。

  • コキュートスのカードを「カード変化」で10個。
  • 月の涙後にエスタ市街に出現するエルノーイルから「月の石」盗み「道具精製」で2個。
ワンポイント

コキュートスのカードはレベル6のカードなので、ゲーム序盤から大量に入手することも可能です。 10枚集めたらホーリーストーン→ホーリー(100個)に変化させて、魔法ジャンクションにセットしましょう。 ステータスが非常に高くなります。

メテオストーン

メテオと同じ効果。

  • ウルフラマイターのカードを「カード変化」で5個。
  • 月の涙後にエスタ市街に出現する鉄巨人から「星々のかけら」を盗み「道具精製」で2個。

FF8攻略=ファイナルファンタジー8攻略

武器改造・アイテム

ストーン系アイテム(効果と入手法)